「自信」と「笑顔」がこぼれる【折り紙得意なMさん】

クラウドファンディング6日目
皆さま、ご支援・応援ありがとうございます。

今回は、学生とのパソコンレッスンでもっとも大切にしている
"一人一人の個性を活かす"
そして、得意なことで「自信」と「笑顔」が増えてくる
そんな、エピソードの一つを紹介いたします。

【折り紙得意なMさん】

ゆっくり、じっくりと、人と競争せず
マイペースなMさん。

タイピングのスピードアップ! や
コンクールで活躍! など
「ごめんなさい・・・興味ありません・・・」
と断っていました。

ある日、市立図書館の帰りだということで
見せてくれた5冊すべてが
折り紙の本でした。

私 「Mさん、折り紙好きなのね」
Mさん「はい、大好きです!今度持ってきま~す」

次のレッスンに持ってきてくれた
折り紙で作ったキャラクターが
あまりにも完成度が高くて

「わぁ~!」と声がもれるくらいでした。

そのころ、ちょうど
小学生のプログラミングのコンテストに
それぞれチャレンジしていた時で
一度は参加を断ったMさんでしたが、

私 「Mさん、折り紙を使ったプログラミングだったらどう?」
Mさん「えっ?!?!そんなことできるの? できるんだったら、やってみたい!!」

目が「キラリ」☆です

2人してテーマを迷ったのですが
コンテストにはキャラクターはNGです。
と言って、動物はありふれているし…

Mさんとの雑談は脱線し
近くの天満宮には何の神様が祭られているんだろ~

ピンッ!!とひらめきました。

「七福神」
それぞれの神様を紹介するアニメーションをプログラミングする。
それも、神様は折り紙で作成する!

Mさん大乗り気!!

教室の本棚から「七福神」の絵本を取り出して、

顔は手書き
衣装は折り紙 これで決定!!

Mさん、自宅での時間をつかって
約1ヶ月で
すべてのご神体を折り上げてきました。

パソコン教室ふじせ 折り紙で七福神
Mさんの作品「七福神」

とにかく、とにかく、
お見事

「七福神」紹介アニメーションは無事完成し
コンテストへ応募。

このあと
検定やタイピングコンクールにも
積極的に参加するようになったMさんでした。

学生の得意なこと、好きなこと、
「キラリ」と光ること、
パソコンをツールとして磨くと
学生に「自信」と「笑顔」がこぼれます。

今回のプロジェクトを達成して
全国の引きこもりがちで
パソコンに興味を持つ学生の
「キラリ」と光るものを見つけ
「自信」と「笑顔」を取り戻せることを
願ってやみません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です