『花育(はないく)』 = パソコン教室ふじせ

taitl_hanaiku_1.jpg

『花育(はないく)』とは

花や緑に親しみ、育てる機会をとおして、優しさや美しさを感じる気持ちを育むことをいいます。

「花育(はないく)」の意義

・幼児・児童にやさしさや美しさを感じる情操面の向上、農と接する体験教育の機会を与える。
・花や緑を介した世代間交流の促進と地域コミュニティの再構築につながる。
・四季に応じた花や緑を楽しむ日本の花文化の継承が期待される。

(「全国花育活動推進協議会設立趣意書(抜粋)」平成20年2月)

taitl_hanaiku_2_1.png

パソコンを使うことで、より多くの花や緑のことを学び、実際に花に触れることで、情操面を豊かにするこを目指し取り入れました。

icon_hana_1.pngレッスンで

教室にて

ブーケ
花や緑を気に掛ける
教室に飾っている花や緑をじっくり眺める。
小さな教室ですが、花や緑を欠かさないように心がけています。
sutaki_1.jpg
花や緑の成長を観察
レッスンの度に花や緑の成長や変化を観察します。
現在、リュウゼツラン科の「スタッキー」が増殖中!
「ミリオンバンブー」も葉が増えドンドン伸びています!
himawari_1.jpg
花や緑を知る
花や緑の名前や、特徴などパソコンで調べてしっかり身につけます。
例:変わったひまわり、有名な【ゴッホのひまわり】と同じ種類です。
sutaki_2.jpg
花や緑について資料の作成
花や緑の名前や、特徴などパソコンで調べて、ワードやエクセルで資料(名前や特徴、育て方など)を作成します。
例:「スタッキー」について

icon_hana_2.png 教室イベントで

企画考案中です!

案1.シナリオ&レポート付き・フラワーアレンジメント

  1. 2~3か月に1回、お花のフラワーアレンジメント作成を行う。
  2. 事前のレッスンで、アレンジする花や緑の事を調べて、ワードやエクセルで作品作成シナリオを作成。
  3. 制作後、作品をデジカメで撮影し、レポートを作成。

案2.シナリオ&レポート付き・押し花

  1. 隔週のレッスンで、押し花を少しずつ作成。
  2. レッスン時に、材料の花の事を調べて、ワードやエクセルで押し花のシナリオを作成。
  3. 制作後、作品をデジカメで撮影し、レポートを作成。