『知能開発トレーニング』 パソコン教室ふじせ

taitl_abm_1.png

『知能開発トレーニング』とは

パソコンソフトを使用して行うトレーニングです

脳に様々な角度から知的な刺激を与え、その脳の働きを活性化させ、知能全体を生き生きとさせるトレーニングです。
内容は直接学習にも役立つ素材で構成されているので、遊びのように楽しみながら知識を深め、学習のスキルを磨き集中力を高めることができるトレーニングです。

対象年齢:小学1年生からご成人・ご高齢者まで

トレーニング概要

abm_1.jpg
【スピード記憶】(10級~1級・マスター)
画面上で表示される画像を一瞬だけ見てイメージとして記憶します。一瞬見たものが残像となって記憶に残るようになると、記憶力アップが望めます。.
abm_4.jpg
【スピード計算】(100級~1級・マスター)
画面上「速く」「正確な」計算を連続して行っていきます。集中力が高まり、根気や注意力のアップも望めます。
abm_6.jpg
【スピード暗記】(50級~1級・マスター)
フラッシュカードの要領で次々に現れる画面の内容を見て、同時に音声を聞くことで、リズムの速いテンポで覚えていきます。記憶を高めるだけでなく、内容を映像的にとらえることで右脳の活性化が望めます。
abm_3.jpg
【ヒヤリング古典】(級の取得はありません)
古典の名文を速度を変えて聞くことができます。正確な意味が理解できなくても、古典のリズムや日本語が耳に残って、いつも間にか身に付きます。
abm_2.jpg
【シャドウウイング】(級の取得はありません)
同時通訳の訓練にも使われる手法で「流れてくる音声を追いかけて発音していく」つまり聞くことと話すことを同時に行う訓練です。

1234