バースデーカードをプログラミング

「2020 年度からの小学校プログラミング教育の実施」
楽しみですね☆

教室では、ビジュアル型プログラミングのScratchなどを使って、思い思いのプログラミングも行っています。

今回は、お母さんのお誕生日に贈るカードを作ってくれました。

プログラミングのスキルを身につけるということは
”コンピュータに意図した命令を与え、処理を行うことができる” ということです。

処理を行う=コンピュータのスキル
意図=アイデアやマインド・発想力

弊教室では、スキルはもちろんのこと
学生たちの個性豊かな発想力を養いたいと、取り組んでおります。

母親へのバースデーカードをプログラミング
小学3年生S・Yさん
お母さんが喜んでくれることを思い浮かべ
①お母さんの好きなペンギン
②日頃の感謝のことば
③心温まる「ハート」
④自分にできるプレゼント
紙に書き出して、プログラミング

↓Scratchでプログラミング画面

↓完成の動画です

↓ScratchでPlay
(パソコンのみの閲覧となります)