中学生主催:プログラミング ワークショップ大成功!!

小学生のために中学生が行う
プログラミング・Scratchでゲームを作ろう!!
ワークショップ終了しました。

難易度の高い
『シューティングゲーム』
参加者小学4年~6年生

自機を矢印キーで動かしながら
ランダムに落下してくる敵キャラに向かって弾丸を発射し
命中すると、得点アップ
複数の敵キャラに触れると、
ライフ数が減っていく

しっかりと前準備をし、
本番にいどんだハルヒくん。
お疲れ様でした。

みんな楽しそうで、
終わってからも、なかなかパソコンから離れようとはしない様子に、満足度が伺えます。

次回の開催も企画中です。

—–当日の様子です—–

今回のワークショップでの完成例を披露
「わぁ~すご~い!!」の歓声

丁寧にわかりやすく説明し、難しいところは一緒に作業



大人目線とは異なり、
学生ならではのワークショップに
多くの気づきと、学びの時間でした。

誰かのために行動する力!!

4月2日に行われる
小学生のために、中学生が行う
プログラミング ワークショップ
「ゲームを作ろう!!」

間近にせまり、
メンターのハルヒくん、ますます積極的です。

リハーサルをやりたい!

どうやったら喜んでもらえるかな?
あんまり簡単だとつまらないかも・・・

むずかしい「変数」についての説明をどんな風にしようか?

すべて一人で模索中!!

「僕にまかせて」の言葉に胸が熱くなりながら、
リハーサルに付き合っています。

2020年度から必修化される小学校でのプログラミング教育。
プログラミングスキルはもちろんのこと、
自発的に、能動的に、誰かのために行動できる力も身に付くことを、願ってます。

保護者さんからこっそり伺ったお話
自宅でも、身振り手振りで、リハーサルしているそうです^^

これを機に、ハルヒくんをめざす学生が増えることに期待が持てます!!

4月2日のワークショップはすぐに定員となりました。

学生による、プログラミング ワークショップ開催

✨✨初のこころみ✨✨

小学生のために 中学生が行う
プログラミング ワークショップ
「ゲームを作ろう」🎉

2018年4月2日(月)17時~

どんな楽しいゲームができるか
楽しみです♪♪

このワークショップは
新中学1年生のハルヒくんが、自ら
「プログラミングの ワークショップを教室でやらせてください!」
と、声を上げてくれたことで、開催が決まりました。

ハルヒくんは、2016年12月にマイクロソフト・イノベーションセンターで行ったプログラミングワークショップで、見事にメンターをつとめた一人です。

のち、Scratchを使って、教室や自宅でも、さまざまな作品を作り上げている、熱心な学生です。

講師として、トレーニングを行うことで、受動的になりがちな学生が
自発的にから能動的に、成長してくれたことが、何よりも嬉しいことです。
将来パソコン教室の先生になりたいと、夢を語ってくれているハルヒくん、
どんな楽しいワークショップを繰り広げてくれるか、楽しみで仕方ありません。

教室として、もっともっと学生たちが羽ばたける機会を作れるようにと、
身の引き締まる思いです。

 

シューティングゲーム制作中 @Scratch

0715_01

学生レッスン

最後の15分

Scratchで
シューティングゲーム制作中

中学3年のTくん

当たり判定に試行錯誤☆

完成したら、みんなでプレイ!!

Scratch (スクラッチ) とは初心者が最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られるプログラミング言語学習環境である。「wikipediaより」

アンプラグド・プログラミング 「読書」で広げる「プログラミング的思考」

「読書」で広げる「プログラミング的思考」
らくらく【読書感想文】

読プロ_A5_01(150)

パソコンを使用しない
アンプラグド・プログラミングも楽しんでいます♪

脳トレの一つでもある
速読聴のわくわく文庫で読書後

0702_01
フローチャート式でまとめていきます!

0702_02

フローチャートは教室のオリジナルです☆

この後
Wordの原稿用紙設定で
【読書感想文】を完成させます^^