【速りす】パソコン入門「キーボード」について

今年初の夏服で現れた、中学2年生。

今日は体育大会の練習と部活でかなり疲れてました☆

まず、『右脳・左脳』の話しから。
「脳トレを始めてから、ケガをしなくなったよ」とMさん。
「物をこわさないようになったよ!」とEさん。

Mさんは、今年の1月中学生入力コンクール全国大会に出場の際、
本番にふぅっと、気持ちが楽になり、自分で信じられないくらい指が動いて、練習でとても出なかった記録を楽々と打ち出した、経験の持ち主です。
大会前はかなり『脳トレ』やりました! きっと、その成果が…と。
その時は右脳が開いていたんだと自分でも感じてみたいです。

さて、レッスン!

【速りす】は眠くなるかも~・・・の心配もよそに、
しっかり聴いていました。

 

 

今日はパソコン入門の「キーボードについて」です。

 

  • キーボードの仕組み
  • キーボードの種類
  • キーの文字配列
  • キーピッチ
  • ホームポジションとタッチタイピング
  • ショートカットキー

を詳しく学びました。

1回目2.7倍速 2回目3.4倍速 3回目2.7倍速(世界の偉人伝よりスピードを落としています)

【速りす】の後、各自「よく使うウィンドウズのショートカットキー」一覧を作成!
今回はお手本なし。
自由にデザインして、楽しくにぎやかに☆

続きを読む

【速りす】 X線を発見した「レントゲン」

5月17日のレッスンにて。

Kくん(小6)
「速りす」にてレントゲンの伝記を聴き込み中!
1回目3.1倍速 2回目3.7倍速 3回目3.1倍速

そして、Excel(エクセル)でまとめを!

速い!サッとまとめることができるようになりました。要点をつかむのがますます速くなり、入力の速度アップも上がったことで、
あっという間に出来上がりました!

ウィルヘルム・コンラート・レントゲン(1845~1923)
ドイツで生まれ、オランダで育ち
大学で科学に興味を持ち、物理学の研究を続けて大学の先生になりました。
皮膚や筋肉を通り抜け、骨は通り抜けなかった、目には見えない特別な光『X線』を発見したことで、初めてのノーベル賞を受賞しました。

ノーベルの『X線』でお金儲けをすることよりも「世界の人々のためになるよう、自由につかえるようにしたい」という気持ちのおかげで、『X線』は病気やケガを調べるほかにも、工場の機械にキズがないかを見つけるのに使われるなど、今もいろいろなところで役立っているのです。

Kくん、「5年生の時に学校で習ったヨ」と。
復習になったね☆

続きを読む

【速読・速りす】平和への願い「ノーベル」

一般のレッスンでも「速読(眼筋トレーニング)」「速りす」やっています!
今日は『ノーベル』について。

OLのKさん、まずは眼筋トレーニング

そして、【速りす】で平和への願いを込めてノーベル賞を作った『ノーベル』について

この時…切ない気持ちになったそうで…
精読10分ほどの内容を
1回目2.7倍速 2回目3.4倍速 3回目2.7倍速聴きます。

【速りす】後Excelで『ノーベル』についてまとめ中です。

この後、感想を述べ合いました。
国のために、平和のために爆薬を作り続けたノーベル。
その爆薬事故で弟を亡くしてしまった、悲しさ。
それでも、国を守るためダイナマイトを発明し、兵器として使われていることへの不甲斐なさ。

若いころ詩人シェリーに憧れて、
『人間とは、平和と幸福を目指して、苦しみながら戦い続けるものである』というシェリーの考え方にに同感し、自ら「詩人になりたい」とも思っていたノーベルの、気持ちを思うと、切ない…。

文学も人類の進歩と幸福に欠かせないと信じたノーベルが、自分の財産を使って毎年ノーベル賞を与えていると思うと、今後のノーベル賞の発表がまた楽しみと。

色々考えさせてもらった【速りす】タイムでした。

続きを読む

【脳トレ】「速読・速聴・速打」連携トレーニング~2012~

2011年も残すところわずか、となりました。

2011年を振り返ってみると、みんなの成長がとても著しい1年でした。

タイピングの検定、ワード・エクセル・パソコン検定、資格取得。

2012年さらにスキルアップの為にと、『速読・速聴・速打』の連携トレーニングを取り込む予定です。
(希望者のみ)

普段のレッスンをより効果的に行うため、日頃の学習の効率を上げるためにと、
パソコン教室ならではの【脳トレ】の仕組みを!!

もちろん、パソコンレッスンも強化していきます!

速読・速聴中!【速読】
眼球を動かす筋肉を鍛え、文字を高速で追うトレーニング。
パソコンの画面上で、コツをしっかりつかんでいきます。
使用する文章は、①教室オリジナルの「パソコンについて基礎から学ぶ」と
②なじみの深い名作文学作品、太宰治や宮沢賢治や樋口一葉などの作品です。
速読は毎日少しのトレーニングが効果的ですので、パソコンを使わない方法を自宅でも行ってもらいます。

【速聴】
再生速度を上げた高速音声を聴くことで脳の活性化によるさまざまな効果を促すトレーニング。
速聴で使用する文章は「速読」と同じ文章です。

【速打】
加速メソッドの原理を取り込んだタイピングソフト(ヘッドフォンを使用しバックでタイピングの高速を促す音楽を流す)で、「速読・速聴」で使用した文章を正しく速くタイピング。

「速読・速聴・速打」で同じ文章を使用することで、①パソコンについて②名作文学を反復学習できます。

2011年12月初旬より、テスト的に取り入れていますが、確実に速読・速聴・タイピング、効果が出ています。(何より、楽しそうです☆)

只今、各文章入力作成、速聴のための録音を着々と行っております♪

 

続きを読む