中学生主催:プログラミング ワークショップ大成功!!

小学生のために中学生が行う
プログラミング・Scratchでゲームを作ろう!!
ワークショップ終了しました。

難易度の高い
『シューティングゲーム』
参加者小学4年~6年生

自機を矢印キーで動かしながら
ランダムに落下してくる敵キャラに向かって弾丸を発射し
命中すると、得点アップ
複数の敵キャラに触れると、
ライフ数が減っていく

しっかりと前準備をし、
本番にいどんだハルヒくん。
お疲れ様でした。

みんな楽しそうで、
終わってからも、なかなかパソコンから離れようとはしない様子に、満足度が伺えます。

次回の開催も企画中です。

—–当日の様子です—–

今回のワークショップでの完成例を披露
「わぁ~すご~い!!」の歓声

丁寧にわかりやすく説明し、難しいところは一緒に作業



大人目線とは異なり、
学生ならではのワークショップに
多くの気づきと、学びの時間でした。

合格証書が続々と!!

☆おめでとうございます☆
頑張りが、かたちに
小学3年生から67歳まで^^

日商簿記3級
ニュース検定3級・4級
コンピュータ技能評価試験2級
毎日パソコン入力コンクール2級・準1級
(和文・英文・暗算)

みんなの頑張りに感謝でいっぱいです☆

引き続き、進んでいきましょう!!

シューティングゲーム制作中 @Scratch

0715_01

学生レッスン

最後の15分

Scratchで
シューティングゲーム制作中

中学3年のTくん

当たり判定に試行錯誤☆

完成したら、みんなでプレイ!!

Scratch (スクラッチ) とは初心者が最初に正しい構文の書き方を覚えること無く結果を得られるプログラミング言語学習環境である。「wikipediaより」

女子中学生も脳トレ

0627_02 (2)

パソコンレッスンにも脳トレ
小松左京さんの「”ぬし”になった潜水艦」を最高速度9倍でトレーニング中の双子さん。

0627_02 (3)
脳が活性化したことを実感し、
英単語覚えのタイピングへ。

0627_02 (1)
※パソコン教室ふじせ「学生クラス」では脳トレを取り入れています。
脳を活性化し、それぞれパソコンの資格取得へのトレーニングに活かします。

【あるべき姿】

【あるべき姿】

ネットの安全な使い方を啓発するコンクールに応募するために、動画を鑑賞し感想文を。

ネットの安全・安心ポスターコンクール

今回「著作権問題の動画」で感想文を応募した小学3年生のRさん
「昨日図書館で
“インターネットで起こった怖いはなし”を
借りて読みました。
ラインの中でのいじめとか、
知らなかったことがたくさん書いてあって、
全部読みました。
ずっと忘れないようにします」と。

今回のコンクールに応募することで、
ネットのモラルやルールに強く関心を持ち、
コンクールでの入賞よりも何よりも
《価値ある行動が得られたこと》に、
お母さんと共に、大喜びです。

開催いただいたことへの、本来あるべき姿だと感じずにはいられません。

1月8日の締め切りギリギリに応募できたことに、まずは一安心☆

今後もこのような、コンクールへの参加・チャレンジにも力を入れていきたいと思います。

応募したからには、結果発表はとても気になるところです♪

160110_01

160110_02

160110_03

160110_04