中学生主催:プログラミング ワークショップ開催!!

2018年9月30日(日)10:30~
中学生による、小学生のためのミニマム ワークショップです。
前回2018年4月3日に行ったScratch(スクラッチ)でのプログラミングの応用編となります。
~データ・変数を理解しよう~

今回も
「先生、そろそろワークショップさせてください!!」とのハルヒくん(中1)の要望で開催します。

候補として初心者向け(小学低学年生)のワークショップをあげてみましたが、
ハルヒくんはどうしても応用編がやりたいとのこと。

4月のワークショップで伝えきれていないことが、心残りだということ。

それは
「変数」をしっかり理解すると、やりたいことが実現する!!

このことを伝えるために、さらなるスキルアップに励んでいます。

今後、
プログラミング入門編~プログラミン~
プログラミング初級編~Scratchスクラッチ~
プログラミング中級編~Scratchスクラッチ~
以上のミニマムワークショップ開催を月1度のペースで行っていきたいと、計画しています。

第7回わくわく文庫読書感想文コンクール 入賞

🎉【快挙】🎉
2年連続の入賞
🏆おめでとう!!
佐賀市立鍋島小学校4年 荘口心絆(そうぐちここな)さん

第7回わくわく文庫読書感想文コンクール

昨年の「名犬ラッシー」に続き
今年は「ほんとうの空色」ハンガリーの詩人 バラージュ・ベーラ作品での感想文で見事連続入賞です。

授賞式:10月14日東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

未来をつくる教育フォーラム2018 内での授賞式となります。

当日が楽しみです🤗

バースデーカードをプログラミング

「2020 年度からの小学校プログラミング教育の実施」
楽しみですね☆

教室では、ビジュアル型プログラミングのScratchなどを使って、思い思いのプログラミングも行っています。

今回は、お母さんのお誕生日に贈るカードを作ってくれました。

プログラミングのスキルを身につけるということは
”コンピュータに意図した命令を与え、処理を行うことができる” ということです。

処理を行う=コンピュータのスキル
意図=アイデアやマインド・発想力

弊教室では、スキルはもちろんのこと
学生たちの個性豊かな発想力を養いたいと、取り組んでおります。

母親へのバースデーカードをプログラミング
小学3年生S・Yさん
お母さんが喜んでくれることを思い浮かべ
①お母さんの好きなペンギン
②日頃の感謝のことば
③心温まる「ハート」
④自分にできるプレゼント
紙に書き出して、プログラミング

↓Scratchでプログラミング画面

↓完成の動画です

↓ScratchでPlay
(パソコンのみの閲覧となります)

2018夏休み!学生プログラミング

初めてご参加の方や、久しぶりの方など
多数の方々に体験いただき、楽しい作品が完成しました。

今回使用したツールは
はじめての学生は
文部科学省が提供している【プログラミン】
慣れている学生は
MITメディアラボが開発した【Scratch】(スクラッチ)
この2つです。

 

いずれも、ビジュアルプログラミング言語で、視覚的に学習が可能ということもあり、少しの説明で積極的に制作が進み、夏の風物詩として
様々な「打ち上げ花火」が上がりました^^

夏休みは体験会としてワークショップを行いましたが、
教室に通う学生たちは、小学高学年生からを目途に、
毎回のパソコンレッスンの中で約15分ほど、プログラミングに取り組んでいます。

プログラミングに関して、制作するスキルはもちろんですが、
何をどのように創造するか、プログラミング的思考を養うことにも力を注いでおります。
※プログラミング的思考とは、論理的思考・問題解決(発見)・創造(想像)の向上と前提しています。

はじめて参加してくれたS・Sくん(小5)作品をご覧ください^^
(PC閲覧のみとなります)
打ち上げ花火2018

第7回わくわく文庫読書感想文コンクール 出品完了!!

夏休み恒例の
【読書感想文コンクール】

感想文がスポーツのごとく、
熱くなった2018夏でした。

速読聴で何度も読み込み(少なくとも5回読破)



プログラミング的思考でチャート化(図)



ワードの原稿用紙に落とし込み・編集



手書き清書

入賞目指して始めるものの、
完成すると達成感に満たされ、

「楽しかったから、結果はもう気にしない!」と言い出す学生も。

個性豊かで、
胸が熱くなる作品ばかり。

せっかく読み込んで、チャート化したので
感想や、物語の続きを想像してプログラミングしていきましょう!!!