「MOS世界学生大会2015」のエクセル部門入賞!!

北海道大学 佐々木 乙(ささき ことの)さん。
(当教室受講生)
夏休み帰省中、大きな表彰状を披露してくれました。
0925_01

乙さんは高校生時代(佐賀在住時)3年間教室に通ってくれ、北海道大学へ進学後は長期休みを利用して受講しています。

「MOS世界学生大会2015」は
世界の学生を対象にしたMOS世界大会は今回で13回目。

日本全国より延べ4万7千人のエントリー。
この多くの参加者の中から200名の入賞者に選ばれました。
世界大会への出場は上位4名という、狭き門。

次回の2016年大会は挑戦者がますます増えているとのこと。
しかし、世界大会ににむけて頑張っています!!!

次回2016決勝戦開催地は、
フロリダ州オーランド(ディズニーワールド)です。

楽しく、頑張りましょう☆

MOS世界学生大会は、学生を対象に「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」を通して、社会人として必要なスキルを身につけ、さらに卒業後には、国際的に活躍できる人材育成を目的として開催している、世界規模のパソコン大会です。 「MOS公式サイト」より引用

MOS世界学生大会-オデッセイ コミュニケーションズ:Facebookページ
MOS世界学生大会-オデッセイ コミュニケーションズ:公式サイト

【ブック・バトン・プロジェクト@パソコン教室ふじせ】に寄付ありがとうございます!

受講生さんのE様より、寄付をいただきました!

0920_01
大きな本を含めて26冊。
ありがとうございます。

いつも笑顔で訪れてくれる女性。…
来週出発、カナダ1年間留学!!
今までもたくさん、ブック・バトン・プロジェクトに協力してもらって感謝でいっぱい。

素敵なカナダ生活を送ってくださいね^^

そして、1年後はお土産話し、
楽しみに待っています♪

ブック・バトン・プロジェクトとは
読み終わった本などを寄付することで、【ルーム トゥ リード ジャパン】を通じて開発途上国のアジア・アフリカの子どもたちに母国語の本を送る活動です。

Facebook:ブック バトン プロジェクト@パソコン教室ふじせ

ブック・バトン・プロジェクトホームページ

ブック・バトン・プロジェクトHP

 

私たちはルーム・トゥ・リード・ジャパンを応援しています。
ルーム・トゥ・リード・ジャパン

ルームトゥリードジャパン

【ブック・バトン・プロジェクト@パソコン教室ふじせ】に寄付ありがとうございます!

「また同じ本、買っちゃいました~」
と、ビニールがかかったままの寄付。

ブック・バトン・プロジェクト inパソコン教室ふじせ

 

いつも気にかけていただき、感謝いたします。

しっかりとお預かりし、
途上国の子どもたちへ、母国語の本を届けます☆

ブック・バトン・プロジェクトとは
読み終わった本などを寄付することで、【ルーム トゥ リード ジャパン】を通じて開発途上国のアジア・アフリカの子どもたちに母国語の本を送る活動です。

Facebook:ブック バトン プロジェクト@パソコン教室ふじせ

 

私たちはルーム・トゥ・リード・ジャパンを応援しています。
ルーム・トゥ・リード・ジャパン

3級合格おめでとう!! CS検定ワープロ部門

コンピュータサービス技能評価試験
ワープロ部門3級
O・Mくん、合格おめでとう☆☆

 

コンピューターサービス技能評価試験 合格 パソコン教室ふじせ

資格を取得する重み・喜びを…
しみじみと感じさせてもらっています。

技能を身につけるスピードは人それぞれです。

Mくん、最初はゆっくり、ゆっくり。
そして、驚くスピードと理解力。

ひとつひとつ資格を取得するたびに
自信たっぷりの笑顔☆

これからも、コツコツと頑張って行きましょう!!
いつも、笑顔をありがとう。

コンピュータサービス技能評価試験(CS検定)とは
国の定める法律、「職業能力開発促進法」で職業能力評価の専門機関として設立された職業能力開発協会が行う公的資格試験です。
:中央職業能力開発協会ホームページより

佐藤先生 【ブック・バトン・プロジェクト@パソコン教室ふじせ】に寄付ありがとうございます!

0831_01

『佐藤整形外科』佐賀市大財3丁目
医院長先生ご家族より

後部座席いっぱいの本
寄付いただきました!!

0831_02

 

雨の中、一緒に運んでくださり
「まだ整理するとあるからネ」と優しいお言葉。

感謝・感謝!!

ブック・バトン・プロジェクトとは
読み終わった本などを寄付することで、【ルーム トゥ リード ジャパン】を通じて開発途上国のアジア・アフリカの子どもたちに母国語の本を送る活動です。

Facebook:ブック バトン プロジェクト@パソコン教室ふじせ

 

私たちはルーム・トゥ・リード・ジャパンを応援しています。
ルーム・トゥ・リード・ジャパン