【脳の活性化】折り紙でケーキ!

1119_02

本日のレッスン、急きょ折り紙をする運びに。 まずはいつもの定番眼の運動・わくわく文庫(読書支援)で速読み。 10分感想文を立派に仕上げて。

1119_01

眼の休憩時間に目についた「毎日小学生新聞」の「あたまのたいそう」
子どもたちは、目をキラキラさせ 「作ってみたいな~」と
では、時間内に作れるんだったらやってみましょう!!ということに。
ここで、グランドルール。
今回の折り紙は、先生も初めて作るので、新聞を見て、
①力を合わせる
②あきらめない
③時間内に作る
④次のレッスンで、作成方法をワードで作成

これを約束して、作成開始!
折り紙の楽しさは、まず色選び☆

1119_03
なんせ出来上がりが想像できないので・・・
新聞の通りにやっているつもりが、なかなかうまくいかないことも。
わかった子が教えて手伝う、大事!

1119_04
以前から脳の活性化のため、折り紙は取り入れていたので、いろんな組み合わせを。

1119_05
ここで活躍『グルーガン』 これはみんな慣れっこ。
花育のフラワーアレンジメントのオーナメントで必ず使っているので、説明もなしに上手に使えてます!!
ケーキの上には、ハートを四つつけて、真ん中にキラキラボールを。
可愛すぎるケーキが。

1119_06

1119_07
やっぱりここまでできたら、ワンホールのケーキが作りたくなるもので。
ここでクイズ!!
「このケーキを何個作ったら、丸いケーキになるでしょう?」
・・・
「はい、8つ」
その通り。 今度は4分の1ほどの折り紙で、小さなワンホールケーキを作ることにしました。
(小さい折り紙はますます脳の活性化に)
そして、ワードで作り方を図形やテキストボックス、自分が作った折り紙の写真取り込み、しっかり残していきます。

小さな体験、これも大事に大事に、成長の過程に刻まれることを願っています。