【Q&A】タッチタイピングのコツは?

ご質問にお答えします!

Q タッチタイピングのコツは?

A ①1文字打つ毎に、ホームポジションに戻ること(とくに初めの1ヶ月ほどは)
②慣れてきたら、両親指「スペースキー」・左小指「A」・右小指「;」(セミコロン)に置いていることを意識すること

この2点でタッチタイピングがスムーズに行えます☆

最近、40・50代の素敵な女性の受講生さまが増えてきました。
せっかく学ぶのであれば、キーボードを見ずして、クールにタイピングしたいとのお声も多いのです。

文部化科学省後援事業の
「毎日パソコン入力コンクール」参加に向けて、目下トレーニング中です。
https://maipaso.net/

※教室のレッスンでは最初の10分ほど、タッチタイピングを行ってから、ワードやエクセルなどのレッスンを始めます☆

※受講生さまはパソコンご持参でも教室のパソコンでもOKです!

【花育】子ども花育士 第1期生 育成開始

🌷【子ども 花育士 育成】開始🌷

あらためて、花育活動を強化していきたいと思い、「花育」を広めていく学生を育成する運びとなりました。

花育を通じ
感謝する気持ち
やさしい気持ち
探求心や創造力
を育んでいきます。

そして、パソコン教室らしく
ICTを利活用
「アウトプット」し
文化や伝統を
「広める」活動にも力を注いでまいります。

「花育」とは花や緑に親しみ・育てる機会を通して、子どもたちにやさしさや美しさを感じる気持ちを育む活動です。農林水産省では事業の一環として、平成19年に花育活動推進方策と花育活動全国事例集を策定されました。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/0908/spe1_07.html 引用

第3回子ども白熱会議 登壇決定!!

🎊嬉しいことが目白押しです

🎙第3回子ども白熱会議🎙
ビデオ審査通過
2年連続の登壇
🎉おめでとう🎉

小城市立晴田小学校6年生 手塚祐菜さん

昨年に引き続きの登壇です

全国応募の中からの選出に、今回も大喜び🙌

【子ども白熱会議】
https://asmol-hakunetsu.jimdo.com/
ここにチャレンジするわけ
それは、
コンピュータの知識やスキルだけでなく、
人として、他者の意見をよく聴き、自分の考えを深め、他者と「共にアイデアを創る力」も養ってもらいたいと考えているからです。

「読書感想文」でプログラミング的思考力をアップさせていきたい想いと同じです。

人工知能やテクノロジーの発達がいちじるしい中、
「時代が変わっても通用する力」として、
スキルと共に、学生たちの個性を伸ばせる教室でありたい

第3回子ども白熱会議は、
わくわく文庫読書感想文コンクール授賞も行われる
未来をつくる教育フォーラム2018 内で行われます。

10月14日東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
14時10分~ 70分間

これから3週間あまり、ロールプレイやトレーニングに励み、本番に挑みましょう

中学生主催:プログラミング ワークショップ開催!!

2018年9月30日(日)10:30~
中学生による、小学生のためのミニマム ワークショップです。
前回2018年4月3日に行ったScratch(スクラッチ)でのプログラミングの応用編となります。
~データ・変数を理解しよう~

今回も
「先生、そろそろワークショップさせてください!!」とのハルヒくん(中1)の要望で開催します。

候補として初心者向け(小学低学年生)のワークショップをあげてみましたが、
ハルヒくんはどうしても応用編がやりたいとのこと。

4月のワークショップで伝えきれていないことが、心残りだということ。

それは
「変数」をしっかり理解すると、やりたいことが実現する!!

このことを伝えるために、さらなるスキルアップに励んでいます。

今後、
プログラミング入門編~プログラミン~
プログラミング初級編~Scratchスクラッチ~
プログラミング中級編~Scratchスクラッチ~
以上のミニマムワークショップ開催を月1度のペースで行っていきたいと、計画しています。

第7回わくわく文庫読書感想文コンクール 入賞

🎉【快挙】🎉
2年連続の入賞
🏆おめでとう!!
佐賀市立鍋島小学校4年 荘口心絆(そうぐちここな)さん

第7回わくわく文庫読書感想文コンクール

昨年の「名犬ラッシー」に続き
今年は「ほんとうの空色」ハンガリーの詩人 バラージュ・ベーラ作品での感想文で見事連続入賞です。

授賞式:10月14日東京・御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター

未来をつくる教育フォーラム2018 内での授賞式となります。

当日が楽しみです🤗